上空の大気は不安定。こんな日はアルプスから離れて楽しくフライト♪ 2018.10.09

みねかた上空から八方尾根を望む

かなり気温減率が良い?良すぎる?ようで、朝から北アルプス沿いに雲がモックモク。
天気予報を見ても、テイクオフ高度よりも高いところはかなり大気が不安定。それよりも下層はほどほど。

午前中はタンデムフライトのお客様とのんびり遊覧飛行。
北アルプスは発達した雲で隠れてしまっていますが、日差しがしっかりとしていて紅葉がキレイです♪

紅葉タンデムフライト

お昼前から時間が出来たので、パイロットと一緒にソロフライト!

午前中にしっかりと日差しがあったことで、山際は全体的にオーバーキャスト気味。
そうはいっても時間もそれほどないので、渋そうな中テイクオフ。。。
やっぱり・・・オーバーキャストで日影になった激渋の山から少しでも日差しのある沖側に高めにシフトしながら、高度1100m程でなんとかヨワヨワサーマルにしがみつきジリジリと高度を稼ぐ。

頭上で発達してきていた雲まで順調に上がっていき、ほっと一息。
そうこうしている間に、テイクオフ周辺にしっかりとした日射が10分ほど続いていたので稼いだ高度で再び山へリターン。
今度はしっかりとしたサーマルにヒット。
そしたら今度は荒れてる(涙
まぁ、予報通りな感じです。。。
ヨワヨワも嫌だけど荒れ荒れも嫌。予報を見ても山沿いを飛ぶ感じではないので、雲底まで上げて山から離脱。

五竜エリアの湾内にはしばらく日差しがあり、雲も発達傾向だったのでそこに向かってトランジット。
八方尾根を振り返ると、こんな景色。

五竜エリアランディング上空

山から離れて沖のサーマルはとても穏やかでいい感じ。
こんな余裕もあるくらい↓。なんだか写真がモヤッとしているのは、雲底まで上昇して、雲に入りかけてるから・・・。

雲底で自撮り

気持ちよく1850mまで高度を上げた頃、みねかたでいい感じで上げている機体がいたのでご一緒させていただきに。
みねかた上空できっちり1900mまで再上昇。

南側を見ると、光の筋と青木湖がいい感じでした。

みねかた上空から青木湖

東方向にはいい感じの雲が続いていて、思わず飛んでいきたくなる感じ。

東方面の雲の様子

北側を見ると、谷には北小谷の辺りまで北風が侵入してきている様子が見えます。
アルプス側はかなり雲長が高く発達していますが、東側(写真の右側)はいい感じでほどよく積雲が発達しています。

北小谷まで北風侵入

ちょっと北方向に移動して、上げ直してから八方へリターンのイメージで北に行くと。。。
見事にハズレ。しょうがないので深みにはまる前にみねかたに戻って高度は1350m。
さっきの場所で再度上げ直して復活!!

八方に戻りながら、白馬の街上空で写真撮影。

白馬の街上空1

白馬の街上空2

ひとしきり堪能して八方尾根に戻ると、山はすっかり影って上昇無し。

ランディング上空高度1000mで穏やかでいい感じのサーマルを捉えて上げていくと、なんだか上がりすぎる!?
先ほどまでと変わってランディングは北風が急に吹きはじめ、完全にバレーウィンド侵入のコンバージェンス。

嫌な予感しかしないので、スパイラルで急降下して程よい北風でサクッとランディング。

少し経つとやっぱり北風がドカッと。。。

終始変化の連続で、最後までしっかり楽しめてトレーニングになるフライトでした。

今日のフライトログ

パラグライダーを体験しよう!

「タンデムフライト(2人乗り観光フライト)」誰でもすぐに高度差650mのロングフライト!
「お試しライセンスコース」自分で飛べるようになりたいけど、まずはお試し!
「浮遊体験+タンデムフライト」自分でもチャレンジしたいし、高いところも飛んでみたい!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL