【パイロットの皆様】フライト空域の制限にご理解ご協力お願いたします

フライト空域の制限

2020年6月1日(月)より白馬八方尾根でのフライトを再開させていただきますが、当面のフライトは「パイロット空域(A)」のみとさせていただきます。詳細に関しては受付にてご確認ください。
アウトランディングは禁止とさせていただきます。
必ず、メインランディングに降りていただくようお願いいたします。
(※緊急時はこの限りではありません)

ご理解ご協力をお願いいたします。

フライト空域分け

何故、フライト空域を制限するのか

長野県では現在も登山自粛が要請されており、北アルプスの多くの山小屋が7月14日までの休業を決めています。
「登山自粛」に関しては世論でも賛否飛び交っていますが、自粛の必要性の「本質」が見えていない意見も多々見受けられます。
そんな中、4月25日に八ケ岳連峰・阿弥陀岳で起きた遭難事故により、その認知は多少広がったのでなないでしょうか。
<信毎Web: https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20200428/KT200427FTI090026000.php
山岳救助という特殊な分野において、感染症問題は非常に大きな問題です。

八方アルペンラインの営業開始に関しても、「登山自粛の中いかがなものか」という問い合わせもあるようです。
そして、その懸念はパラグライダーにおいても同様です。
もちろんエリアは再開します。延々と全てを自粛しているわけにもいきません。
しかし、現状では何らかの対策や対応が必要だと判断させていただき、フライト空域の制限を設けさせていただきます。

空域の制限は、今後の状況に応じて段階的に通常通りのルールに移行したいと考えております。

なお、緊急事態宣言の解除後も日々状況が変化していますので、随時、政府および自治体からの要請に則った対応をさせていただきます。
長野県における感染症対策の最新情報は長野県公式「新型コロナウイルス感染症対策 総合サイト」にてご確認ください。

パラグライダーを体験しよう!

「タンデムフライト(2人乗り観光フライト)」誰でもすぐに高度差650mのロングフライト!
「お試しライセンスコース」自分で飛べるようになりたいけど、まずはお試し!
「浮遊体験+タンデムフライト」自分でもチャレンジしたいし、高いところも飛んでみたい!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL