”Ghana Paragliding Festival” ガーナへ行ってきます!~いろいろセレモニー(早く飛びたい)~

セレモニー

ガーナの人々

首都アクラからカーカウに向かって、マイクロバスで他のパイロット達と移動。
集落を通過するたびに道端にはパラソル1つでの露店が立ち並ぶび、交差点で車が止まると器用に頭に商品を乗せてドライバーや同乗者に売り歩く。

カーカウへの道中

とにかくなんでも頭に乗せる。そして、お客に呼ばれたら走る!バランス感覚が絶妙。

順調に走り続けること約3時間で目的地に到着。
岡田さんの話によると、やっぱり年々交通事情は良くなってるみたい。さすが急速に経済成長してる国。

到着したらそのまま、山というか台地の上にあるテイクオフエリアへ。
ちなみに、Google Earthで見てみると標高はランディング240m、テイクオフ760mで高度差が520mのフライトエリア。

興味のある方はコチラからkmzファイルでどうぞ。
※GoogleMap上でテイクオフ&ランディングが見れます。ダウンロードしてGoogle Earthで開くことも可能

テイクオフ完成セレモニー

今年のこのイベントに向けてテイクオフ場は大幅な拡張&整備がされたようです。
昨年までの状況を話で聞いてみると拡張&整備どころかもはや別物!というぐらい良くなったみたい。
芝生が植えられて赤土の露出は少なく、屋根付きの観客席やトイレも完備。
日本で考えてみてもかなり好条件なテイクオフ場。

テイクオフの観客席

テイクオフに到着すると、何やら人がたくさんいて、タープが張られてその中にイスを並べて座っています。
なんせ初めて来た国、初めて参加のイベントなので勝手が分かりませんが、テイクオフ見学をしているといつのまにか何かの式典が始まった様子。
なんとなく周囲で見ていると、我々パイロットのボスEd(エド)が司会者に呼ばれてしゃべりだしました。

と油断してたら、突然パイロットが1人ずつ呼ばれて前に出て挨拶。しかも立ち位置が悪く私がトップバッター。なんとなく空気を読んで自己紹介。。。
他のパイロット達も順番に挨拶して前に並ばされていく。全ては言われるがまま。流れも分からず前に立つが、堅苦しい雰囲気ではないので、その場で写真を撮ってみたり。動画を撮ってみたり。

特別な格好をして、特別豪華な椅子に座り、日陰にいるのに付き人が日傘をさし続ける。隣には豪華な杖を持った大臣。間違いなく1番の大物。

主催者と主賓・来賓の方々(たぶん)によるテープカット。

ちなみに、上の2つの動画はGoPro Fusionで撮影して、Overcaptureにより1080pの動画を切り出したもの。
まぁ、Fusionに関しての詳細はまた別の機会に。けど、とにかく便利!

入村セレモニー

テイクオフ完成セレモニーが終わるとバスでレストランへ移動してランチ。
オーダーしてから待つこと数十分。メンバーは全部で11人。料理が出てきたのは数人。しかもなにやらオーダーとは違うものが出てきている人も。
催促してからさらに待つこと15分くらい。次のスケジュールに間に合わない(16時から入村セレモニーと聞いていたが、この時すでに16時は過ぎてる)からもういい!キャンセル!!とコンダクター的な役割の女性が吠える。
ということで何人か食いっぱぐれる。幸い私はオーダーの半分は出てきていたのでお腹は満たされた。ビールも飲んだし。

ということで大幅に予定は遅れ、待ちくたびれているだろうと思いどこかの集落の入村式の会場に座る。知らない土地の山の中をバスで走り回ってたのでこの時完全に現在地不明。いったいあの場所はどこだったのか。

人はたくさんいるが、しばらく経っても何かが始まる気配はなく、ただただ時間だけが過ぎていく。

次第に正装した人たちが真ん中に座り始め、セレモニーは始まった。
けど、真ん中に座ってる人もスマホで写真撮ってたりするっていう・・・。
一通り話が終わると、ヤシの実を半分に割って作ったような器が配られて、20リットルくらいの黄色いタンクや壺に入った謎の酒(お神酒的なものだと思われる)を注いでまわっている。
これが始まると、経験者のパイロット達は一斉にざわめき始め、顔をしかめる。

お神酒!?

写真で分かるように器に注がれた大量の酒は、私のところに回ってくるまでにほとんど消費されていない。
強制的に回ってきたソレを恐る恐る飲んでみる。

オェ~ッ!

想像よりもアルコールはきつくないが、人肌程度に生ぬるくちょっと酸味のあるそれはなんとも言えない不味さ。
1人男気を見せ一気に飲み干すのはペルーから来てるEduardo。

壺でお神酒を注ぐ

手元にある、まだ大量に入っている酒の行き場を求めてオロオロしていると、アメリカから来ているBlakeがそっと足元に隠すように置いてくれた。

ありがとう!Blake!!

その後我々パイロット達は、お偉いさん方々に握手して回り、集合写真!!

入村セレモニー

とりあえず黒人ではないのが今回のパイロット達。集合写真のはずなのになぜか一人足りないが!?今気が付いた。

とうことで、現地初日は忙しく終わり、宿に着いたのはすでに暗くなってから。

そういえば、宿の写真撮るのすっかり忘れてた(涙

Booking.comに写真がたくさんあったので、気になる方は下記リンクからどうぞ!
Booking.com「Rojo Hotel」

エアコンはあるし、部屋にシャワー&トイレ付いてるし、広いし。思ったよりいい感じ。
ただ、、、水圧は弱く、時々停電、部屋の明かりはすべて点けても薄暗く、エアコンの温度は16℃から変えられない(壊れてる?)からつけたら寒くて消したら暑い。

翌日からはいよいよタンデムフライトスタート!!
早く飛びたい!

 

 

パラグライダーを体験しよう!

「タンデムフライト(2人乗り観光フライト)」誰でもすぐに高度差650mのロングフライト!
「お試しライセンスコース」自分で飛べるようになりたいけど、まずはお試し!
「浮遊体験+タンデムフライト」自分でもチャレンジしたいし、高いところも飛んでみたい!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL