GIN BOLERO5

BOLERO5

2015年にリリースされたGINのエントリーモデル「BOLERO5」。

スプリットAライザーによるやりやすいビッグイヤー、Aクラスで初のEPTエアフォイル搭載による風に強い飛行特性、S-インレット併用によりスムーズなインフレーションからのライズアップなど、エントリーモデルに必要な安定性にソアリングを楽しむのに十分なパフォーマンスを備えています。

以下、メーカサイト等から引用で詳細をまとめました。

[Gin Bolero5] 認証:LTF A, EN A

直感的に飛ぶ。

パラグライダーで飛ぶ技術はそんなに難しいことではありません。
空に飛び立つまでの地上での技術、空を自由にトレースする旋回技術、目的地へ自分を運ぶアプローチとタッチダウンの技術。
ボレロ5は、空を飛ぶ為に最低限必要な技術を、より容易に身に着けることのできるグライダーです。
空を飛べるようになったら、あとはより高く、より長く、より遠くへ飛ぶ為に、ソアリング技術を身に着けなければなりません。
ボレロ5に乗ると、これまでエントリーモデルではわかりにくかった風の動きが手に取るようにわかるはずです。
さあ、あなたも直感的に風を感じ上昇気流をとらえ、高く、遠くへ飛んで行ってみませんか。

 

本体価格¥400,000(税別)
Aクラス初のEPTエアフォイル搭載グライダー。
Bolero5は、使いやすさ、快適性、安全性、あらゆるパフォーマンスにおいて多 くのアドバンテージを提供する、”S-inlets”を併用した、最新の内圧平均化テ クノロジー(EPT)を特徴としています。
EPT(内圧平均化技術)効果は、このクラスでも風に強い飛行特性をもたらしました。また、新しく考案されたSインレットがエアーインテイクの形状を保ちライズアップがスムーズに完了します。
スプリットAライザーの3ライザー3ラインコンセプトは、地上空中での扱いやすさに加え、飛行特性にも好影響を与えています。
ボレロ5は、より良いインフレーションとサーマルサーチ、サーマルのとらえやすさとソアリング時の安定感、深いブレークレンジとわかりやすいストールポイント、低速域でのしっかりとした飛行と、セーフティーマージンの高いタッチダウンなど、すべての面で改善された、エントリーグライダーの新しいベンチマークになりました。
さあ、あなたもボレロ5で空を直感的に楽しみましょう。

 

内圧平均化技術(EPT)

S-インレット(より良いインフレーション)

3ライン3ライザーコンセプト

スプリットAライザーで翼端折りが容易

認識しやすいラインカラー

強く長持ちするファブリック

キックダウンスピードシステム

トレーリングエッジのミニリブ

GIN BOLERO5 グライダーカラー

GIN BOLERO5 グライダーカラー

 

 

GIN BOLERO5 テクニカルデータ

サイズ XXS XS S M L XL

セル数

36

翼面積(投影)(㎡)

19.29 20.94 22.8 24.74 26.76 29.5

翼面積(実測)(㎡)

22.22 24.12 26.26 28.5 30.83 34

アスペクト比(実測)

4.8

飛行重量(kg)

55-75 65-85 75-95 85-105 95-115 110-130

機体重量(kg)

4.7 5.1 5.4 5.6 5.9 6.2

認証EN/LTF

A A A A A A

ーアエロタクトHPより

GINホームページ(BOLERO5)

http://gingliders.com/paragliders/bolero-5/

テストレポート

DHV Testreport EN926-2_2005 __ GIN Bolero 5 S

動画集

「Gingliders Youtubeチャンネルより」

「アエロタクトより」扇澤氏によるわかりやすい説明あります

 

 

 

 

 

パラグライダーを体験しよう!

「タンデムフライト(2人乗り観光フライト)」誰でもすぐに高度差650mのロングフライト!
「お試しライセンスコース」自分で飛べるようになりたいけど、まずはお試し!
「浮遊体験+タンデムフライト」自分でもチャレンジしたいし、高いところも飛んでみたい!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL