GIN BOOMERANG11(ブーメラン11)

Boomerang11

2017年にリリースされたGINの2ライナーEN-CCCコンペティショングライダー。

 

以下、メーカサイト等から引用で詳細をまとめました。

BOOMERANG 11

ブーメラン11
CCC コンペティショングライダー
本体価格¥630,000(税別)
Boomerang11には世界最高レベルの競技会で勝利するために、アスペクトレシオの増大、新しいエアフォイルとアークの採用、セル数の増加とラインドラッグの軽減などが施されました。
その結果全体的な性能向上が見られ、特にトップスピード時の安定性が秀でており、2016年度ワールドカップスーパーファイナルでは出場した7名のうち4名がトップ10に食い込む結果でその戦闘能力の高さを証明しています。
アスペクトレシオ7.91のハイスペックな翼には、安全性と安定感をつかさどる最新のEPTエアフォイルが組み込まれ、XSサイズからLサイズまでの4サイズでCCCクラスの承認を受け2017年のコンペティションシーンを賑わすことになるでしょう。
さあ、世界最高峰のパフォーマンスで空のフォーミュラーレースに参戦してみませんか。

EPTエアフォイルで高いパフォーマンスと安定性

3セル、4セル、5セルブロックを混合した最適なラインプラン

セイルテンションを最適化した内部構造と、ローディングポイントの配置

109セル構造

上被膜のないアラミドラインの使用

キープハイでファイナルグライドへ

スーパーファイナルで1.2フィニッシュを決めたBoomerang11は、勝つために必要な性能を持ち合わせた翼といえるでしょう。
浮の良さ、飛行中の安心感、高速性能と、トップスピードの安定性。戦い方はいたってシンプルでトップ集団でのポジション争いを制し、キープハイでファイナルグライドに入ること。
あとは、安定したトップスピードでゴールラインをカットするだけです。

GIN BOOMERANG11 グライダーカラー

GIN BOOMERANG11 グライダーカラー

 

 

GIN BOOMERANG11 テクニカルデータ

SIZE XS S M L
実測

翼面積(m2)

20.00 21.31 23.12 25.59

アスペクトレシオ

7.91 7.91 7.91 7.91

セル数

109 109 109 109

グライダー重量(kg)

5.55 5.85 6.15 6.7

搭載重量(kg)

75-90 85-100 95-112 110-125
承認 CCC CCC CCC CCC

アエロタクトHPより

ピュアパフォーマンス

Boomerang 11は、2シーズンに渡り実施された数々の改良点が1つに盛り込まれたグライダーです。

 

Boomerang 11ですが、アスペクト比やセル数を上げました。また、ライン抵抗を下げ、世界大会に出ているようなハイレベルのパイロット達向けに作られています。結果として、あらゆる点で改良が見まれましたが、特に上昇率と滑空性能が一層向上されました。これらの特徴がAaron Durogatiの2度目のワールドカップスーパーファイナル優勝へと導き、GINのパイロット7人中4人がトップ10入りを果たしました。

パフォーマンス性能の向上に加え、Boomerang 11は安定性も向上しています。 高いアスペクト比ですが、メキシコでの社内テストにおいてBoomerang 11が難しい飛行条件であったにも関わらず、非常に安定した飛行を見せています。トップクラスのパイロット用のグライダーと言う事に変わりは無いのですが、Boomerang 10よりも操作が容易になりました

 

GINホームページより

GINホームページ(Boomerang11)

http://gingliders.com/paragliders-jp/boomerang-11/

パラグライダーを体験しよう!

「タンデムフライト(2人乗り観光フライト)」誰でもすぐに高度差650mのロングフライト!
「お試しライセンスコース」自分で飛べるようになりたいけど、まずはお試し!
「浮遊体験+タンデムフライト」自分でもチャレンジしたいし、高いところも飛んでみたい!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL