GRADIENT BRIGHT5

Bright5

2014年にリリースされたGRADIENTのエントリーモデル「BRIGHT5」。

軽量生地にダブルコーティングで耐久性を持たせ、ライズアップ特性をよりイージーなものにしているようです。

以下、メーカサイト等から引用で詳細をまとめました。

[Gradient Bright5] 認証:EN A

価格(税別)

サイズ22  54-66kg ¥400,000
サイズ24  63-80kg ¥405,000
サイズ26  75-100kg ¥415,000
サイズ28  90-115kg ¥420,000
サイズ30  95-135kg ¥425,000

BRIGHT5は、最新のポルシェスポーツ社 製の最新セール生地を使用しています。EVER LASTという軽量生地です。ダブルコーティングし耐久性を確保しました。グライダー重量が26サイズで300g軽くなっています。
重量の軽量化は、軽いライズアップ、イージーなハンドリングをもたらしてくれます。

全体のボリュームも減っています。
前縁のナイロンスティッククテクノロジー、ラインプランなど最新のgradientテクノロジーが、これからパラグライダーを始めようとするビギナーの方に、頼れる相棒としてフライトする喜びを与えてくれるでしょう。

グライダーカラー

 

 

テクニカルデータ

Bright5 22 24 26 28 30
翼面積(実測)  (㎡) 22.06 23.88 26.77 29.48 32.14
翼面積(投影)  (㎡) 18.70 20.24 22.70 24.99 27.26
スパン(実測) (m) 10.31 10.73 11.36 11.92 12.44
スパン(投影) (m) 8.29 8.62 9.13 9.58 10.01
AR比(実測) 4.82 4.82 4.82 4.82 4.82
AR比(投影) 3.67 3.67 3.67 3.67 3.67
セル数 40 40 40 40 40
機体重量 (kg) 4.1 4.5 4.9 5.3 5.7
飛行重量 (kg) 54-66 63-80 75-100 90-115 105-135
認証 EN-A EN-A EN-A EN-A EN-A
※フライト重量=機体・装備を含んだ総重量(スターティングウェイト)
※フライトデーターは、飛行重量の中間値でテストされています。またこれらのデーターは、翼面荷重、ハーネスタイプ、パイロットのポジションによって変わります。

ーエアハートHPより

さらなる軽量化でますますフレンドリーな翼に!

GRADEINT社から、EN-AクラスのBRIGHT 5がリリースされた。ソロフライトの夢を実現してきたBRIGHTシリーズの最新モデルBRIGHT5は、長年にわたり軽さにこだわってきたGRADIENTだからこそできたフレンドリーな翼として完成された。

軽い!

ブライト5は、26サイズで4.9kgという軽さである(ブライト4は5.3kg)。これだけの軽量化を実現させたもっとも大きな要因が、EVER LASTというマテリアル。生地メーカーのポルシェスポーツ社とグラディエント社で共同開発されたもの。ハードなコンディションでのテストフライトでその耐久性は実証されている。
そもそも、なぜ軽いのがいいのか? まず、グライダーの反応が良くなる。同時に、軽量化すると慣性力が弱まるためか、気流の変化とグライダーの変化のミスマッチが引き起こす「おつり」が少ないように感じられた。
そして、軽量を実感できるのがライズアップだ。フワーと軽く上がり、勢い余って頭の上を通り越すシューティングは起きにくい。最近のグライダーはパワーが強く持て余すことがあるが、ブライト5のライズアップはお行儀が良いという感じだ。

フライトインプレッション

優しいライズアップとはうって変わり、空中では強いサーマルブローに負けじとグイグイ前に進んでいく。ハンドリングは、EN-Aクラスらしくはっきりとしたブレークプレッシャー。サーマルに吸い寄せられるように前進し、ピッチアップしていく。このクラスとしてはアスペクト比は4.82と高めで、激しく気流が変化する場面では、その気流の変化はグライダーから伝わってくるものの、反応は優しい。ラインテンションが弱まった時も、軽量セールのおかげで潰れまでは起きなかった。
降下手段であるビッグイヤーは、オーソドックスに、専用のA’ライザーで行なう。引くと、サクっと折れ、また回復はスムーズだ。注意点も特にない。

グライダー構造

前縁はナイロンスティックで成形されている。構造はマイラー生地にナイロンロッドを縫い合わせているハイブリッドタイプ。初心者がグライダーを前縁から落としてしまう際にナイロンロッドとセールにダメージを与えてしまうのを避けている。
Aラインのアタッチメントポイントは、膨らみを持たせたS字カーブの形状になっている。
ラインプランは、トップライン4列ラインで、ボトムは3列ラインの、3ライザーシステム。センターから翼端に向かって異なる径のラインを採用し、必要最小限の抗力に抑えられている。

最初の一機にも、パラモーターにも!

最新のマテリアルを搭載し、上級機からのフィードバックを得たブライト5は、ソロフライトを成功させて、ソアリングを楽しみ、パイロットまでの練習過程をこなすだけの十分なポテンシャルを持っている。ソロフライトデビューに向けて練習中の講習生にとっても、リラックスしてフライトを楽しみたいパイロットにも、ブライト5のフレンドリーな特性は頼もしいものとなるだろう。
また、この特性はパラモーターでのフライトにも最適だ。現在パラモーターのための多目的ライザーを準備中だ。

(REPORT: Atsushi UENO)

ーパラワールド ギアインプレッションより

GRADIENTホームページ(BRIGHT5)

http://www.gradient.cx/en/Bright5

 

「Gradient Youtubeチャンネルより」

 

パラグライダーを体験しよう!

「タンデムフライト(2人乗り観光フライト)」誰でもすぐに高度差650mのロングフライト!
「お試しライセンスコース」自分で飛べるようになりたいけど、まずはお試し!
「浮遊体験+タンデムフライト」自分でもチャレンジしたいし、高いところも飛んでみたい!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL