冬期間中(12月~4月上旬)の白馬八方尾根におけるパラグライダーでのフライトに関するご案内です。

以下の内容は、スキー場の冬季営業開始から4月の通常テイクオフ利用が可能になるまでの間に適用されます。

冬季はスキー場の索道が多数稼動しており、夏季とは状況が大きく異なります。
索道各社の方々も、稼動中の索道への接触やスキー場内への墜落など万が一の事態や、スキー場のお客様に不安を抱かせてしまうような状況を懸念されております。
そのような事態が発生しない為に、また、関係各所の方々に冬季におけるパラグライダーでのフライトを快く認知していただく為に、下記のようなルールに則り当スクールの安全管理の下でのフライトのみ可能とさせていただきます。

冬の八方尾根でのフライト

白馬八方尾根フライトエリアルール(冬季)

  1. 八方尾根スキー場から入山してのフライトはテイクオフ場所に関わらず安全管理の為、当スクールのインストラクター同伴の場合のみ可能
    • 登山やバックカントリーの方が提出する「登山届」に代わる届け出をスクールが行う
  2. テイクオフ地点は積雪状況等により変動するが、ランディングはかならず指定地に降りること
  3. フライトの際は同伴インストラクターの指示に従うこと
    • テイクオフ場所、飛行ルートなど
  4. スキー場上空のフライトは禁止とする
    • 当スクールが許可する特別な場合はこの限りではない
  5. スキーを履いたままフライトする場合は、必ず落下防止措置を行う
  6. その他、基本的なフライト規定・ローカルルールは夏季の内容を適用

ビジターフライト

各種料金

エリア費

1Day
3,500円

リフト代

アルペンライン片道
1,550円(ゴンドラ、アルペンクワッド、グラートクワッド)

テイクオフまで移動後にフライト出来なかった場合は、アルペンライン片道(下り)のリフト代が必要になります。
冬季リフトシーズン券をお持ちの方はリフト代はかかりません。

送迎

駐車場⇒ゴンドラ乗り場、ランディング⇒駐車場 は送迎させていただきます

フライト申し込み方法

メールまたはお電話にて、スクールへ直接お問い合わせください。

フライトには当スクールのインストラクターの同伴が必要になるためご希望に添えない場合もありますのでご了承ください。