フライトエリア区分

 

【八方尾根フライトエリア フライトエリア区分・ルール】

<空域A> パイロット空域

<空域B> エキスパートパイロット空域
(空域Aから出る際は、ランディングディレクターに無線連絡をすること)

<空域C> クロスカントリー空域 
(北:コルチナスキー場 ~ 南:さのさか)
(空域Aから出る際は、目標ポイント〈経由地等〉を常に無線連絡をすること)

【空域ごとのルール・フライト資格】

<空域A>

1.特に制限はなし。通常のJPAフライト規約に則る
2.アウトランディングをした際は、報告書提出と罰金2,000円

<空域B>

1.JPAエキスパートパイロット証・JHFクロスカントリー証保有者
2.GPS所持および使用方法の熟知
3.ヘッドセット等でフライト中に無線機にてスムーズに送受信ができる装備
4.定期的にレスキュー開傘シミュレーションおよびツリーランからの自己脱出講習を受講している
5.アウトランディングをした際は、報告書提出と罰金2,000円

<空域C>

1.空域Bの項目1~5と同様
2.当スクールエリア年会員であること
3.事前に要件を満たし、XCフライト登録(毎年更新)を行うこと
4.各エリア(小谷、栂池、五竜)でのフライト経験(大会、ツアー、講習会等)があること
(※未経験の方は、スクールが随時開催する白馬山麓XC講習会にご参加ください)
4.フライト前に飛行計画を専用フォーム(※①)で送信すること
5.フライト後、速やかに専用フォーム(※②)からフライトログを提出すること
6.使用の可能性のある緊急ランディング場所の下見をしていること
7.ランディング後は速やかにスクールへ連絡すること(無線または電話にて)

≪稜線フライトに関するルール≫

◆八方池・小遠見・鵯峰(ひよどり)より西の単独での飛行計画は基本的に不可
◆八方池・小遠見・鵯峰(ひよどり)より西側(唐松岳・五竜岳など)への飛行計画を立てる場合は2名以上でのグループでお願いいたします。
◆スクールでフライト状況を常に把握することは難しいため、グループ内で互いの状況を把握しながらフライトしていただきますようお願いいたします。

≪備考≫

・緊急ランディングとして五竜or小谷LDを使用した場合は、各エリア管理者に直接500円を支払う
・回収に関しては各自手配する。スクールへ依頼する場合は2,000円(すぐに行けない場合があります)
・インストラクター管理下にあるスクール生の場合、XC講習等の例外あり
・スクールが認めた特別な場合は例外あり

XCフライト申請フォーム(※①)

XCフライトログ提出フォーム(※②)

【XCフライト登録要件】

・上記、空域Cのフライト資格を全て満たしていること
・GPS機器を携帯し、使用方法を熟知していること(ログの提出が必要です)
・ウェイポイントを準備し、利用できる状態にしておくこと
・フライト中、無線での送受信がスムーズに行えること
・小谷、栂池、五竜エリアのフライトルールを理解していること
(フライト経験のあるエリアのみXCフライト可能とさせていただきます)
・XCフライトの際はLiveTrack24等を使用し、位置情報を確認できるようにしておくこと

☆LiveTrack24:https://www.livetrack24.com/

八方尾根フライトエリアウェイポイントファイル

≪イエローカード制度≫

◆イエローカード制度とは

提出された飛行計画において、空域Cでの実際のフライトの達成率が50%に満たなかった場合、イエローカード1枚とさせていただきます。また、アウトサイドランディングした場合もイエローカード1枚。
イエローカード累積2枚でクロスカントリーフライトの受付は不可となり、再度クロスカントリーフライトをするためには八方リーグのタスクを1度コンプリートしていただきます。その後、通常通りのクロスカントリーフライト受付が可能となり、イエローカードの累積はリセットされます。

例)飛行計画が「八方→さのさか→八方」の場合、実際のフライトが月夜棚アウト&リター
ンであればセーフ、五竜アウト&リターンであればイエローカード。
例)飛行計画が「八方→唐松岳→八方」の場合、実際のフライトが八方池に達していればセーフ、そうでなければイエローカード。

◆イエローカード制度導入の経緯

予想されるコンディションからして、明らかに達成不可能な飛行計画書を提出される方がいらっしゃいます。飛行計画とは何のためにあるのか?
正しくコンディションを読み、安全に最大限のフライトを楽しむことが出来るスキルを向上させるためのトレーニングでもあります。また、飛行ルートをスクールが把握することによりトラブル発生時に迅速に対応できるようにするための安全対策でもあります。
「とりあえず書いておこう・・・」、そこにはなんの意味もありません。
どうか、ご理解ご協力いただきますようお願いいたします。

【お知らせ】

現在、新型コロナ感染防止に対する情勢への社会的責任の一環として、従来のXCフライトエリアを一部制限させていただいております。皆様のご理解ご協力よろしくお願いいたします。

<制限内容>

アルプス稜線側(栂池ゴンドラ山頂駅・岩岳山頂・八方池・五竜ゴンドラ山頂駅・鹿島槍第10リフトを結んだ線より西側)のフライト禁止