NIVIUK ICEPEAK7

2014年にリリースされたNIVIUKのDクラス「ICEPEAK7」。

コンペティションモデルを「ICEPEAK7 PRO」として分け、PEAK3との間に位置する。

コンペティションモデルとしては控えめなアスペクト比で、抜群の乗りやすさと操縦性で人気が出たICEPEAK6の後継機。

以下、メーカサイト等から引用で詳細をまとめました。

[Niviuk Icepeak7] 認証:EN D

 

価格(税込) 

ICEPEAK7 スタンダードモデルは、控えめなアスペクト比にもかかわらず多くの 支持を受けたIP6の後継モデルです。

レスポンスの良いハンドリング特性、快適性は、ICEPEAKスタンダードです。 さらにハイパフォーマンスを目指し、新しいプロファイルが採用されています。

グライダーカラー

 

ICEPEAK7 COLORS

 

テクニカルデータ

Icepeak7 21 23 24 26
セル数 75 75 75 75
翼面積(実測) (㎡) 21 23 24.5 26
翼面積(投影) (㎡) 17.98 19.66 20.88 22.16
スパン(実測) (m) 12.09 12.66 13.06 13.46
スパン(投影) (m) 9.72 10.18 10.5 10.82
AR比(実測) 7 7 7 7
AR比(投影) 5.28 5.28 5.28 5.28
FLATTENING 15% 15% 15% 15%
飛行重量(kg) 70-90 85-105 95-115 105-125
機体重量(kg) 5.2 5.4 5.9 6.3
認証 EN EN-D

STICKER

EN-D

STICKER

EN-D

STICKER

EN-D

STICKER

ーエアハートHPより

テストレポート

2013-11-01_icepeak7_23_jp

パラグライダーを体験しよう!

「タンデムフライト(2人乗り観光フライト)」誰でもすぐに高度差650mのロングフライト!
「お試しライセンスコース」自分で飛べるようになりたいけど、まずはお試し!
「浮遊体験+タンデムフライト」自分でもチャレンジしたいし、高いところも飛んでみたい!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL