つくばエリアでMentor6 light&Peak5の試乗してきました! 2020.03.06

NOVA MENTOR6 LIGHT

今週平日はJPA(日本パラグライダー協会)の総会参加のため茨城県つくばエリアにお邪魔してきました。
無事に総会は終了し、翌日飛べそうな予報だったので、1泊延泊してフライトしていくことに。

お世話になったエリアは「エアパークCooパラグライダースクール」。

朝方まで吹き荒れていた風もなんとか収まり、予報通り強めの風が残るかと思いきや、予想外のGOODコンディション!

フライトの目的は試乗。
今回は、NOVAのMENTOR6 LIGHT(クラスB)とNIVIUKのPEAK5(クラスD)に乗らせていただきました。

まずはMENTOR6 LIGHTでのフライト。
西風が強めに残ることを覚悟していましたが、朝から東テイクオフのブローがいい感じで思いがけず東テイクオフからフライト出来ました。

風の変化の大きいコンディションでしたが、春っぽさを感じさせつつも比較的穏やかな?サーマルコンディション。
そう感じたのはグライダーのおかげか!?

その完成度の高さに扇澤氏も絶賛のMENTOR6はさすがの乗り心地でした。
決して鈍いわけではない安定感、必要な気流の変化の情報はしっかりと翼から伝わってくる感じがします。
操作性も良く、バンクも思い通りに維持し易く、春っぽい少々ラフなコンディションでも飛んでいて楽しい。

Mentor6 light

ところが、、、予想以上に寒かった。
順調に高度を上げていくと1500mオーバー。
冬用のグローブをはめていても足りない。ヒートグローブが必要でした(涙)

指がちぎれそうなほど冷たく、40分ほどでギブアップ。。。

今日のフライトログ

いったんランディングして、2本目はPEAK5に試乗。
西テイクオフにしっかりと向かい風が吹き始めているタイミングでしたが、南テイクオフにはまだ南西風が入っていたので、急いで準備してテイクオフ。
PEAK4よりも格段に軽いライズアップから、頭上安定もいい感じ。
横風の要素が強いテクニカルなテイクオフでしたが、思い通りに動いてくれ、問題なくテイクオフ。

飛び出すと、やはり見た目以上に西風成分が強く不安定な空域。
そこを抜けて、無事に上昇風をGet!

NIVIUK PEAK5

そこそこ乱れた空域でのフライトでしたが、先代のPEAK4よりも操作性がダイレクトな感じ?
もたついた感触が無くなりシャープなイメージの翼でした。

残念ながらそろそろ帰路に着きたい時間だったので、20分ほど飛んでランディングへ。

これからも、機会を作っていろいろなグライダーに試乗して、パイロットの皆さんにリアルな情報提供できるようにしていきます。
試乗する際には、ディーラーの方々のインプレッションも仕入れてますので、私見だけではない情報をお伝え出来ます。
詳細を聞きたい方はぜひ、直接ご連絡くださいね。
(文章にするのが苦手なので(笑))

パラグライダーを体験しよう!

「タンデムフライト(2人乗り観光フライト)」誰でもすぐに高度差650mのロングフライト!
「お試しライセンスコース」自分で飛べるようになりたいけど、まずはお試し!
「浮遊体験+タンデムフライト」自分でもチャレンジしたいし、高いところも飛んでみたい!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL