Gin glidersの軽量Cクラスグライダー「CAMINO」

Gin Gliders CAMINO

2018年に発売されたBonanza2の軽量版的な位置づけのグライダー「CAMINO(カミノ)」が2019年に発売。

-空と大地の冒険-
スムーズで機敏な操作性が夢の世界を現実のものとします。

というキャッチフレーズ。

デザイナーのジンさんはこんな風にコメントしています。

デザイナーのジン・セクソンがCaminoの哲学を説明しています。
「私たちの目標は、Explorerの俊敏性(EN-B)とLeopardの速度でのパフォーマンス(EN- D)を組み合わせ、軽量パッケージで提供することでした。
ボナンザ2の開発に2年以上を費やしたため、この翼型、平面図、内部構造についてはすでに多くの経験がありました。 Caminoについては、生地の重量、ラインの直径、プラスチックの補強およびライザーを慎重に検討した変更を加えました。最終的に、コアデザインコンセプトがより軽量な素材に非常にうまく変換されることがわかりました。」

-アエロタクト https://www.aerotact.co.jp/products/glider/gin-glider/camino.html

TECHNICAL SPECIFICATIONS

SIZE XXS XS S M L
Flat area (m2) 19.4 20.7 22.6 24.5 26.5
Flat span (m) 11.18 11.54 12.06 12.56 13.06
Flat aspect ratio 6.44 6.44 6.44 6.44 6.44
Projected area (m2) 16.63 17.75 19.38 21.01 22.72
Projected span (m) 9.04 9.34 9.76 10.16 10.57
Projected aspect ratio 4.92 4.92 4.92 4.92 4.92
Chord (m) 2.17 2.24 2.34 2.44 2.54
Number of cells 71 71 71 71 71
Glider weight (kg) 3.55* 3.70* 3.90* 4.15* 4.45*
Weight range (kg) 55-75 65-85 75-95 85-105 95-120
Certification EN C EN C EN C EN C EN C

* Quoted weight with optional light Dyneema risers (200g)

-Gin Gliders https://www.gingliders.com/en/paragliders/camino/

テクニカルデータを見ると、基本的にはBonanza2とまったく同じで軽量になった感じ。
SサイズでBonanza2が5.15kg、Caminoが3.90kgなので1.25kgの差。

同じスペックでも重量がこれだけ違えばずいぶんと乗り味が変わってきそうなので、単純にBonanza2が「軽くなった」とはならないだろうけど、どんなものか。

パラグライダーを体験しよう!

「タンデムフライト(2人乗り観光フライト)」誰でもすぐに高度差650mのロングフライト!
「お試しライセンスコース」自分で飛べるようになりたいけど、まずはお試し!
「浮遊体験+タンデムフライト」自分でもチャレンジしたいし、高いところも飛んでみたい!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL