GRADIENT ASPEN5

Aspen5

2014年にリリースされたGRADIENTのCクラスグライダー「ASPEN5」。

GRADIENTらしい軽いブレークプレッシャーと軽快な旋回。

リアライザー(Cライザー)にコントロール用のハンドルが取り付けられ、イマドキな感じ。

降下手段の選択が難しい近年のグライダーの中でこのグライダーはB2ラインでのビッグイヤーも有効なようです。(下記の上野氏によるインプレッション参照)

以下、メーカサイト等から引用で詳細をまとめました。

[Gradient Aspen5] 認証:EN C

価格(税別)

サイズ24  77-90kg ¥510,000

サイズ26  85-103kg ¥515,000

サイズ28  98-118kg ¥525,000

aspen5は、アクティブフライトができる経験豊かなパイロットのためにデザインされたEN-Cグライダーです。

素晴らしいパフォーマンス、優れたハンドリング、予測可能な反応、そして安定した高速フライトにより、aspen5はクロスカントリーパイロットに解決策を提供します。

グライダーカラー

ASPEN5カラー

 

テクニカルデータ

Aspen5 24 26 28
翼面積(実測)  (㎡) 23.30 25.50 27.74
翼面積(投影)  (㎡) 19.64 21.49 23.38
AR比(実測) 6.25 6.25 6.25
AR比(投影) 4.54 4.54 4.54
セル数 64 64 64
飛行重量 (kg) 77-90 85-103 98-118
グライダー重量 (kg) 4.8 5.1 5.4
認証 EN-C EN-C EN-C

ーエアハートHPより

Cクラスに求められるハイパフォーマンスと扱いやすさを見事にバランス!

アスペン5のテストフライトを終えた感想を簡単にいうと、「軽量化がさらなる快適性を増したリアルEN-Cグライダー」、さらに率直にいうと「最高に快適なパフォーマンスグライダー」となる。最高の仕上がりでリリースされたアスペン5、その魅力を順を追って詳しく説明していきたい。

クラス最軽量、だから快適!

グライダーバッグを持って感じるのは、軽くボリュームがコンパクトだということ。同サイズ(26)のアスペン4と比べると、300g減の5.1kgだ。EN-Cクラスの中で最軽量の部類ではないだろうか。
このグライダーの快適性をもっとも分かりやすく示しているのが、ライズアップ特性だ。6m/sほどの強い風、サイドからの風など様々な風でテイクオフしたが、改めて振り返ってみて、ライズアップを失敗したとか、プレッシャーになったことがないと気づいた。ライズアップ特性についての信頼感は100%である。
サイズ24、装備重量77〜90kgのところを、真ん中の83kgの装備重量でテストフライト。ニュートラルポジションは、グリップに手を通して、肩の辺り。対気速度で35km/h、フルリリースで38km/hで、EN-Cクラスとしては調度良い速度感だ。
グラディエント社のグライダーの特徴で、ある大気の情報を伝えてくれるフィードバック感性はそのまま引き継がれている。ハンドリングの特性はダイレクトで、素直にグライダーが反応してくれる。また、スピードがあるので、サーマルソアリングのときは外翼のブレークコードも重さを感じる程度まで引くと、上昇も良く、サーマル内に効率よくステイすることができるだろう。バランスが良く、非常に熟成されたハンドリング特性に仕上がっている。

ライザーの新機構と降下手段

アスペン5は、Cライザーにコントロール用のハンドルがついている。使い方は、基本的には、ブレークハンドルでの修正と同じ考え方だ。ライザーハンドルを後ろに引き、テンションを与える。長いグライディングの際には大きなアドバンテージが得られる。
B2ライン(Bラインの外側、スタビラインの内側)でのビッグイヤーを試してみた。やり方は、ハーフアクセルを踏んだままで、B2ラインを折るというもの。これはあっさりと決まった。翼のばたつきなどはなく、特に問題は感じなかった。スパイラルは、ロールの安定性があるため、加速していく感じはなかった。実用レベルでの扱いやすさと言える。ラインプランは、三列ライン。ただ横方向が二列しかなく、ラインのボリュームは少なくなった印象が強い。
アスペクト比は実測で6・25。アスペン4の5・99に比べると上がってはいるものの、EN-Cクラスらしいアスペクト比であると思う。実測のアスペクト比が、ライズアップ特性、ラフなコンデションでの翼の影響など、そのグライダーの難易度の目安として判断がつきやすいと思う。

Cクラス機のバランス

あなたにとって、EN-Cクラスグライダーとはどんなイメージだろうか? クロスカントリーフライトをしたい、シンク帯を抜ける時のスピードが欲しい、渋いサーマルでの低い沈下率など、上級機としてのパフォーマンスを求めながらも、同時に、ライズアップ特性、使いやすい降下手段、ラフなコンデションでの安定性など、ある程度の扱い易さも求めているのではないだろうか。
クロスカントリーフライトに挑戦するためにパフォーマンス、軽量化と扱いやすさのバランスを極めたアスペン5は、グラディエント社が自信を持ってお勧めするリアルEN-Cグライダーである。

(REPORT: Atsushi UENO)

GRADIENTホームページ(ASPEN5)

http://www.gradient.cx/enAspen5

パラグライダーを体験しよう!

「タンデムフライト(2人乗り観光フライト)」誰でもすぐに高度差650mのロングフライト!
「お試しライセンスコース」自分で飛べるようになりたいけど、まずはお試し!
「浮遊体験+タンデムフライト」自分でもチャレンジしたいし、高いところも飛んでみたい!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL